医療法人財団 健康睡眠会
やまがた呼吸器内科クリニック
(内科・呼吸器内科)
〒591-8023
堺市北区中百舌鳥町2丁72番地
リズィエール2F
TEL:072-253-6590
FAX:072-253-6593

検査体験レポート

簡易検査編

山本 崇行 さん(36歳:会社員)の場合
夜寝ている間のいびきがひどく、妻が心配して受診を勧めてくれました。いびきくらいで病院なんて…とは思いましたが、「いびきの後、たまに呼吸が止まることがあると私の方が気になってゆっくり眠れない」と言われたのでとりあえず受診してみることにしました。

外来予約

受診先は妻がネットで調べてくれました。専門医がいるということだったので、妻も安心したようです。
大阪市内でご勤務の方も無呼吸検査のために来院されています。

山本 崇行 さん

駅近くで19:30までの診療なので便利でした。

初診

問診

問診で日常生活や睡眠のことについて先生と話しました。
問診の結果、睡眠中の状態をより詳しく調べるために、まずは自宅でできる検査をすることになりました。

Dr.:昼間の眠気やいびきはありますか?

Dr.

山本 崇行 さん

山本 崇行 さん :いびきはよくかきますねぇ。自分のいびきがうるさくて目が覚めるようなこともありますよ。
昼間も眠いことがよくあります。

Dr.:もしかすると眠っている間に無呼吸になっているかもしれませんね。
場合によっては、CPAP等による治療が必要になるかもしれません。
まずは簡易検査で調べてみましょう。

Dr.

機器説明

続いて、別室でスタッフの方が機械の説明をしてくれました。
指と鼻にセンサーを取り付ける腕時計のようなタイプの機械で、装着ポイントを丁寧に教えて頂きました。

技師さん:ボタンを1つ押すだけの機械なので簡単ですよ。

技師さん

自宅で検査

その晩、自宅で就寝前に説明された通り機械を装着し、検査を行いました。

ボタンを押して、就寝と同時に検査開始。
機械も気にならずにいつの間にか眠ってしまいました。

自宅で検査

データ解析・説明

3日後、自宅で装着した機械を持って、再度受診しました。検査結果の説明なので、妻が一緒に来てくれました。聞けば、私のいびきを以前から心配していたとのこと。結果を一人できくのは少し不安もあるので、心強い限りです。

検査の結果…私の場合、より詳しい精密検査が必要だとのこと。睡眠時の検査になることもあり、詳しい検査の内容を伺いました。

Dr.:睡眠中に体の酸素飽和度の低下が見られます。いびきも多く見られますね。これでは体に負担がかかりますので、精密検査が必要なようです。

Dr.

山本 崇行 さん 妻

山本 崇行 さん :そうですか…。ちょっとショックです…。

妻:早くわかっただけでもよかったじゃない。
でも睡眠時の検査となると…。どういった検査なんでしょうか?

Dr.:センサーを取り付けますが痛みはありませんし、翌朝も通常通り出勤できる時間に検査終了できます。担当の検査技師からもう少し詳しくお話しますね。

Dr.

受診後の 山本 崇行 さん の感想

受診後の 山本 崇行 さん の感想

精密検査が必要と言われたときは、正直ショックでした。睡眠時間もそれなりにとっているつもりで、まさか日常的ないびきが良くないとは思ってもみなかったので…。でも、何かきっかけがないと受診しようという気にならないので、今回受診できて良かったと思います。生活改善の指導も受けたので、できることから改善していきたいと思います。

▲ ページトップへ

精密検査編

精密検査

来院・受付

19時までに来院し、検査室に案内されました。
検査室は、ホテルのような落ち着いた雰囲気の完全個室でしたので、検査開始まで、ゆっくりとくつろげました。

来院・受付

担当の技師さんが、丁寧に検査スケジュールと設備の説明をしてくれました。

山本 崇行 さん :検査準備にどれぐらいかかりますか?

技師さん:検査の準備には、約1時間ぐらいかかりますが、その間はテレビを見ていただきリラックスして頂けます。

検査準備開始

テレビを見てくつろいでいると、技師さんがお部屋に来室し、頭から足まで数十個のセンサーを丁寧に装着してくれました。センサーの装着は、椅子に座った状態で、装着終了後にベットに入りました。センサーの装着による痛みは全くありませんでした。

検査準備開始

山本 崇行 さん :夜間のトイレにいきたくなったらどうしたらいいですか?

技師さん:装着の一部を外すことで、トイレに行っていただけます。技師コールで呼んでください。対応いたします。

検査開始
検査開始
検査開始

暫くして、装着センサーの動作チェックを行いました。
スピーカーから聞こえてくる技師さんの指示で、目を動かしたり、体の向きを変えたりしました。

朝起床する時間を決定し、消灯し検査が始まりました。
おやすみなさい…

夜間は、検査技師さんが解析室で監視してくださっているため、安心して検査を受けることができました。

検査終了

昨夜決定した時間にモーニングコールがあり、目覚めました。
センサーを外し、シャワーを浴びて、着替えて退院しました。
早朝に検査が終了するので、いつもと同じように会社へ向かいました。

お疲れ様でした…

精密検査後の感想

宿泊検査ははじめてでしたが、医療スタッフさんの丁寧な対応で安心して検査を受けられました。たくさんセンサーを装着していたので寝れるかどうか心配でしたが、いつの間にか寝ていたようです。

▲ ページトップへ

CPAP導入編

検査結果

検査結果

検査から1週間後、結果を聞く為に再受診しました。
検査結果…重度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群であることがわかりました。

Dr.:この状態のままでは、将来的に生活習慣病など合併する可能性が高くなりますので治療した方が良いと思います。CPAPという治療器を使って再度、宿泊検査をして頂くことになります。
それは、患者様それぞれに適した治療圧(CPAP圧)を調節するため、CPAPを装着しての宿泊検査になります。その後、CPAPの導入となります。CPAPの説明は、担当技師から詳しくご説明しますね。

Dr.

山本 崇行 さん

山本 崇行 さん :そうですか…。精密検査を受けると無呼吸回数だけではなく、覚醒回数や睡眠の質までわかるんですね。
頑張って治療をします!!

CPAPの導入

CPAP導入

技師さんより治療器(CPAP)の取扱の説明や鼻マスクの装着法などの説明を丁寧にしていただきました。

CPAP導入

実際にマスクを装着し、CPAP治療を体験しながら操作の指導を受けました。
しっかり指導を受けたので、家でも使えそうです。
今夜から、この治療機器装着して寝ることになりました。

受付

CPAP機器を持って、会計を済ませクリニックを後にしました。

受付

CPAPという治療機器を医療機関から健康保険でレンタルすることの説明を受け、次回の受診日の予約をとり、クリニックを後にしました。

CPAP導入後の外来 (月1回の外来受診)

来院・受付

来院・受付

受付にて、診察券とともに、日々のデータが蓄積されたCPAP機器のICデータカードを提出しました。

診察

診察室のPCには先ほど受付で渡したICデータカードから読み込まれたデータが表示されていました。先生がそのデータを見ながら、1ヶ月間の使用状況、治療効果やマスクのフィッティングなどのチェックをしていただきました。

山本 崇行 さん

グラフ

山本 崇行 さん :CPAPの治療状況がグラフで表示されて、治療効果が一目でわかりました。毎晩の使っている状況がわかるので長く続けられそうです。

CPAPの使用方法やマスクフィッテングに疑問がある場合は、もう一度別室にて技師さんから丁寧な指導が受けられるようです。

CPAP治療の感想

確かにはじめは、慣れない時期もありましたが、数日でCPAPを終夜装着して寝ることができました。今では、手放せないです。困った時は、先生をはじめ、技師さん、看護師さんに気軽に相談できるので安心です。